FC2ブログ



     
    TENGA スタンダードカップ トライアルセット

    Twitter


    プロフィール

    観鳥

    観鳥と申しますので。お浣腸プレイの大好きなアラフォーバツイチです。お浣腸は最上級の愛情表現です。お浣腸好きな、男性、女性、ニューハーフさん、女装子さん、オナベさん、仲良くしてくださいね!!

    当ブログに掲載している管理人が撮影した画像・動画に関して、著作権及び肖像権を放棄していません。リンク目的以外の画像、文章の持ち出し、転載・加工・配布はお断りしております。
    ブログを閲覧する事に関して上記をご理解頂いたものとさせていただきます。

    FC2ブログ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    最新記事


    最新コメント


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    月別アーカイブ


    カテゴリ


    最新トラックバック


    RSSリンクの表示


    広告イメージ

    広告イメージ








    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Medical Fun



    tb11_c.jpg

    tb12_c.jpg

    tb13_c.jpg

    tb14_c.jpg

    こんにちは。しかし、寒くなってきましたね。
    幸運にも自分はこの季節の変わり目に風邪をひいていません。
    元嫁さんはメッチャ咳をしてましたので、皆さんも気をつけて!!

    「Medical Fun」 Trevor Brown
    発行:(株)エディシオン・トレヴィル
    発売:(株)河出書房新社 2001年10月10日発行

    以前にトレバー氏の紹介しましたがこの「Medeical Fun」は
    氏の画集のなかで一番好きですね。

    氏は医療器具、ギプス、包帯、浣腸、緊縛、怪我、人形、少女
    をモチーフにしていてご覧の通りの作風です。
    どちらかというと欧米のボンデージよりも、日本のSM、緊縛が
    好きみたいです。そして、ナースフィギュアのコレクターでも
    ありますね。

    今回紹介したのは浣腸をモチーフにしてますが、以前紹介した
    イラストやその他多くの医療系のイラストが収録されてます。

    エロ本とは違ってアートなので直接的なエロではなく、
    どことなくエロスを感じさせる微妙な間接照明のような表現。
    ゾクッとする視点があって虜になってます。

    こういうメディカル要素のないイラストも描くのですが、
    やっぱり自分としてはコチラのほうが好きです。
    あ、表紙の赤十字はビニールの二重構造になっていて
    中には赤い液体が入っていてプニプニしてますよ(笑)

    日本の東京在住なので、たまに個展とかあります。
    なかなか、スケジュールが合わなくて行けないんですが。
    告知がありましたら、ココでも紹介します。
    どうですか?こんなイラスト好きですか?
    みなさんも気に入ってくれたら嬉しいのですが。


    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    [PR]

    TREVOR BROWN



    tb0002_c.jpg

    tb0003_c.jpg

    tb0004_c.jpg

    tb0005_c.jpg

    こんばんわー!!
    今日はアーティストのトレバー・ブラウン氏の紹介です。

    1959年イギリス、ロンドン生まれ。1993年より東京在住。

    ごらんの通り、少女、人形、医療、緊縛、ギプス、包帯、
    看護婦…。日本のSMやアニメ等にも影響を受けている
    みたいです。

    このイラストはその昔、BUBKAという雑誌がもう少しサブカル、
    アングラな記事を載せていた時代に毎月1枚掲載されていた
    モノです。

    トレバー・ブラウン氏は画集もいろいろ出していて、これら
    メディカル系のイラストを集めた「Medical Fun」はもう、
    宝物ですよー。今度、紹介しますのでお楽しみに!!

    トレバー氏はHP、ブログ(英語)もやっていて氏がどんなコトに
    興味があるのかわかって、なんか共感できた時に嬉しいです。

    そんなHP「baby art」はコチラ。
    http://www.pileup.com/babyart/_top.html

    こんな風に浣腸もアートとして表現できるといいなあ。
    といってもやっぱり浣腸プレイは変態行為なところが
    ( ・∀・) イイネ!

    イルリガトールの見える風景 第1回&第2回



    ir0006_c.jpg

    ir0009_c.jpg

    ir0008_c.jpg

    「イルリガトールの見える風景」 

    第1回 文/砂戸増造 J.Farrel(ジョゼフ・ファーレル)
    第2回 文/秋田昌美 太古のエネマ

    このエッセイは確か、お尻倶楽部に連載されていたものです。
    おそらく第1回は単発だったけど、好評だったので連載に
    なったのでは?
    そのせいか第2回以降は執筆を、ノイズユニットMerzbowの
    活動でも知られている、秋田昌美氏が担当しています。

    第1回はパリ在住のSMアーティスト、J.Farrelの紹介。
    第2回以降はエネマの歴史が紹介されているのです。

    太古のエネマ
    一体何時何処で潅腸(原文ママ)が生まれたか正確な歴史は
    謎だ。だが、世界各地に共通する未開部族の潅腸習俗から、
    それは有史以前から存在しただろう事は想像がつく。
    太古の文明社会、そして、未開社会。潅腸の目的は健康維持、
    医療、トリップといった目的に使用された。
    そこに欠けているのは我々に馴染み深い潅腸の性的、
    エロチックな目的による使用だ。
    西洋社会では中世を通じて潅腸はいぜんとして医療的な
    目的に奉仕した。潅腸の使用目的にエロチックな要素が
    加わったのは近代経験科学、性科学が生まれ、人間が
    性的動物になった19世紀以降に遡る。潅腸プレイの歴史は
    すこぶる新しいのだ。

    と、ある。

    潅腸エジプト起源説が迷信であったことや、アフリカ、
    アマゾン各地の未開人たちの間に広く潅腸が行われていた
    ことなど興味深い内容です。

    そして、イラストのページでは米国で絶版になっている雑誌、
    「The Enema As An Erotic Art And Its History」
    の紹介です。罰を与える、お仕置きの浣腸が描かれています。

    このエッセイは第6回まであるので、また紹介します。
    お楽しみに。

    越野眞砂氏のおしおき浣腸



    mk0003_c.jpg

    mk0001_c.jpg

    mk0004_c.jpg

    mk0007_c.jpg

    mk0008_c.jpg

    mk0010_c.jpg

    こんにちはー!!

    このイラスト、マニクラを読んでる人は一度は見たことが
    ありませんか?

    越野眞砂さんという方が描かれてるのです。
    でも越野眞砂さんについてググっても、やはりどんな方か
    情報がほとんど出てきません。
    「こしの まさご」さんとお読みするみたいですね。

    【まだ「越野眞砂」という筆名が生まれる前、越野さんが
    「sand」という筆名で平牙人先生のサイトに投稿されていた】
    ということは絵師さんなのでしょうか。

    お浣腸やスパンキングなどの題材を「おしおき」として
    描いてるんですね。おしおきされている女の子の表情が
    またタマリマセン。
    「昭和」のテイストが、いい意味で越野ワールドを表情豊かに
    しているのではないでしょうか。

    しかし、この女の子達はとても柔らかそうでイイですねー。
    この年代の女の子の「さわった」感じを思い出す、そんな
    質感が表現されていると思います。

    本当はですね、このイラスト達はオールカラーなんですよ!
    http://pl-fs.kir.jp/pc/book/list/index.htm
    こちら、風俗資料館で絵葉書として販売されています。

    風俗資料館は会員制ですが、越野先生の絵葉書は非会員でも
    買えるみたいです。しかも、通販もOK。

    いいなあ、そんなに高くないし是非とも全部揃えたいですね!
    購入を検討してますので、購入の暁にはコチラで紹介する
    予定です。

     | ホーム | 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。