FC2ブログ



     
    TENGA スタンダードカップ トライアルセット

    Twitter


    プロフィール

    観鳥

    観鳥と申しますので。お浣腸プレイの大好きなアラフォーバツイチです。お浣腸は最上級の愛情表現です。お浣腸好きな、男性、女性、ニューハーフさん、女装子さん、オナベさん、仲良くしてくださいね!!

    当ブログに掲載している管理人が撮影した画像・動画に関して、著作権及び肖像権を放棄していません。リンク目的以外の画像、文章の持ち出し、転載・加工・配布はお断りしております。
    ブログを閲覧する事に関して上記をご理解頂いたものとさせていただきます。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    最新記事


    最新コメント


    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    月別アーカイブ


    カテゴリ


    最新トラックバック


    RSSリンクの表示


    広告イメージ

    広告イメージ








    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    浣腸室の噂



    ah0112_c.jpg

    ah0114_c.jpg

    ah0115_c.jpg

    ah0116_c.jpg

    「浣腸室の噂」 亜良樹久文
    カルテ通信 vol.66掲載

    えーと、今日は大ファンの亜良樹先生の作品の
    紹介です。
    前から題名は知っていたんで、ものすごーく期待して
    いたのですが。意外に浣腸シーンが少なかったです。
    いや、浣腸室の~、ときたら期待しますよね!?

    前半は男子中学生の注射シーンがメイン、後半は女子中学生の
    摘便がメインかなあ。浣腸もあるけど、オマケ感が否めません。
    でもまあ、実際に医療行為でもないと女子中学生に浣腸できま
    せんから貴重といえば貴重ですな。

    しかし、この生まれて初めて肛門に指を入れられた時と、
    摘便時の恥ずかしさと苦痛の入り混じった表情はタマリマ
    センです!!さすが、亜良樹先生、わかってらっしゃる。

    自分は亜良樹先生のこういう小児科の話が好きです、やっぱり。
    まあ、ロリコンの気があるのは否定しませんけど!

    また、いつかこんな作品が読める時が来るのを祈っています。
    ねー、三和出版さん!!(自分はステマじゃないっすよー)



    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    コメント

    通りすがりでいつも楽しませてもらってます。

    カル通休刊の情報を聞きつけて、馴染みの古本屋にカル通の初期ナンバーを市場で探してもらう様にしました私ですが(笑)

    亜良樹先生の単行本を人生で二度遭遇したのが思い出です。

    一度目は高校生の時に古本屋で見つけ、明日に買いに行こうと思ったら売れてまさした。

    二度目は、まさかの漫画喫茶にて発見しました。ええ、その一冊のためだけに呆れるほど通いました。

    亜良樹作品が発表される場所がないのは、非常に残念です(´;ω;`)
    2012-09-09 21:35 ユニゾン #- URL [ 編集 ]

    同感です。

    >ユニゾン様
    ありがとうございます。

    亜良樹先生についてはユニゾン様が先輩ですね。
    自分は亜良樹先生の単行本をまだ見たことがありません。

    収録されているのはカルテ通信初期に掲載されてた作品
    なんでしょうか。ふう、羨ましいです。

    自分は初期の作品は、思春期の関係、続、続々、最後のと思春期の関係4部作のみ所持しています。

    初期作品の情報(カル通No.、作品名等)、もし入手されて教えていただけるならよろしくお願い致します。

    きっと、三和出版さんで医療プレイのムックが発売されて、そこに亜良樹先生の作品が掲載されると信じています。楽しみにしていましょう!
    2012-09-10 20:49 観鳥 #qgtgrtEk URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック

    http://enema02.blog.fc2.com/tb.php/154-ed111e8d

     | ホーム | 


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。